札幌の空室状況

 5年に一度行われる「総務省発表 住宅・土地統計調査」では、札幌市内の賃貸アパート・マンションの入居している部屋は約83%、空室率は約17%という調査結果が出ています。

平成30年 総務省 住宅・土地統計調査
エリア 総戸数 空き室数 入居率 空室率
札幌市 446,400 76,100 83.0% 17.0%
中央区 73,470 14,680 80.0% 20.0%
北区 61,840 10,460 83.1% 16.9%
東区 70,520 11,620 83.5% 16.5%
白石区 64,920 11,670 82.0% 18.0%
豊平区 61,990 8,590 86.1% 13.9%
南区 18,530 4,100 77.9% 22.1%
西区 39,870 8,320 79.1% 20.9%
厚別区 25,930 3,370 87.0% 13.0%
手稲区 17,440 1,880 89.2% 10.8%
清田区 11,940 1,370 88.5% 11.5%
※2019年9月発表
 札幌市全体の空室率は17%で実におよそ6室に1室が空いていることになり、札幌は全国に比べ1番入居率の悪い地域とも言われています。そのため、入居者を入れても入れても退去があり、満室になかなかならないのは物件が余っているからなのです。

>管理物件の空室対策の取り組みへ

不動産管理・賃貸のお問い合わせ