SDGs 持続可能な開発目標への取り組み|札幌市のアパート・マンション管理、賃貸仲介・土地、建物の売買仲介は札幌オーナーズへ!

011-811-0072
札幌不動産の札幌オーナーズお問い合わせ
011-811-0072
札幌不動産の札幌オーナーズお問い合わせ
札幌不動産の札幌オーナーズ > SDGs 持続可能な開発目標への取り組み

SDGs 持続可能な開発目標への取り組み

持続可能な開発目標SDGs

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省Webサイトより)

札幌オーナーズ株式会社の
取り組み

札幌オーナーズ株式会社は不動産管理や賃貸・売買・営繕等に関わる事業者として、SDGsの精神に賛同し、その目標達成のために下記のような取り組みを行っております。

入居から退去まで
お客様に寄り添ったサービスを提供します。

多くの不動産会社で見られるような、お部屋を契約して終わりという関係ではなく、ご入居からご退去まで入居者様に寄り添ったサービスを提供します。全戸にあいさつ看板を設置し、ご近所付き合いを推進しています。

古い建物も大切に。
メンテナンスの力で、物件の快適性を持続させます。

古い建物の管理が多い当社は、こまめな清掃や適切なメンテナンスや、リノベーションを行うことで入居を促し、賃貸物件として長く活用できるようにします。
また、入居時のあらゆる初期費用を撤廃したプラン「楽賃メンバーズ」の提供で、より入居しやすい環境を整えるサービスを展開しています。

 

「子ども食堂」等への寄付を通じて
困難な状況にある子どもたちを支える力になります。

地域の子ども食堂や、児童養護施設や障がい者支援施設などへの寄付を通じて、飢餓のみならず様々な困難な状況にある子ども達を支えます。